韓国、剣道世界大会決勝で「日本判定」主張-剣道における「一本」とは?

韓国、剣道世界大会決勝で「日本判定」主張 長年の「起源」論争が輪をかけ反発

「日本のための剣道ではない」(中央日報)、「韓日いずれにとってもマイナス」(ハンギョレ)――こうした見出しが、韓国紙を相次いで飾っている。

試合は最終戦までもつれる激闘の末、日本の優勝で幕を閉じた。ところが、その結果に韓国では波紋が広がっているのである。

これまでの国際大会でも、韓国側からは何度か判定に対して「物言い」がついている。韓国はビデオ判定の導入などを主張するが、武道としてのあり方を重視する日本などでは反対意見が根強い。

そもそも、武道の試合でブーイングだのなんだのはありえない話。

柔道でもそうでなければならない筈。しかし、残念ながら柔道の国際大会では既にそういったことが見受けられます。

負けた選手が、畳の上で仰向けに寝転んでしまったり、勝った選手がガッツポーズまがいのことをしてしまっている、そんな姿を見かけます。

武道というものは本来「礼に始まり礼に終わる」というものの筈。

試合が終わったらまずは、キチンと道着を正して、勝者も敗者もお互いに礼を尽くす、こういう事になっている筈です。

柔道は国際化してしまったがために、多くのものを失ったような気がします。ポイント制とかね。

剣道にはこうなって欲しくはありません。

私も、小中高と剣道をやっていました。段位は初段で終わってしまいましたが、それなりの誇りは持っているつもりです。

子供の頃習っていた剣道
剣道を始めたきっかけ 子供の頃、親から習い事として、運動と楽器をひとつづつやるように言われていた。運動としては、野球やサッカーなど有名処のスポーツがありながら、何故かその時は剣道を選択した。 本人としては全く記憶にないのだが、親の...

ということもあって、記事にある韓国の状況には違和感があります。

 

剣道における一本

韓国はビデオ判定の導入などを主張するが、武道としてのあり方を重視する日本などでは反対意見が根強い。

特にこの部分。ビデオ判定を主張すること自体に違和感があります。剣道における「一本」は、「心・技・体」が一体になったときに認められます。

ただ単に「当たった」とか「触った」とかで決まるものではありません。スローVTRで判定できるものではないのです。

本来、剣道を習う時に一番初めに教わることは、「礼」であったり、この「心・技・体・一体」のことの筈です。

なので、ビデオ判定という発想が出てくること自体に違和感があるのです。

 

「礼」

「『相手よりもまず自分自身に勝つ』というのが剣道の精神だ。

確かにそうなのですが、「自分に勝つ」という事の中には、「審判の判定に敬意を表する」「勝った相手・負けた相手に敬意を表す」という意味も含まれているのではないかと思います。

記事によると、これまでの国際大会でも判定に対して「物言い」がついているみたいですね。

指導者は武道における「礼」というものをどのように教えているのでしょうか。

外国人にはわかりにくい部分かもしれませんが、この辺はお互い様である筈。

伝統・文化の違い、いっぱいあります。でも多くの人達はお互いにそれを理解しようと努力している訳ですね。

韓国の皆様にも理解して頂ける…筈です。

 

 

剣道五訓

私が子供のころ教わって、稽古の前に唱和していたものはこのようなものでした。

一、礼儀尊重
一、心身鍛錬
一、根性養成
一、百錬自得
一、誠意実践

 

他にもいろいろあるようですね。それぞれの道場や学校が独自に決めているのでしょうか。

『剣道五訓』
一、私は礼儀を正しくし嘘を言わない人間になります
一、私は剣道に励み強い体と強い心をつくります
一、私は多くの人の為になる正しい人間になります
一、私は健康であることを父母に感謝し勉強に励みます
一、私は兄弟助け合い友達と仲良くします
<剣道五訓>
一、礼儀を正しくします
一、お父さんお母さんを大切にします
一、先生の教えを守ります
一、自分のことは自分でします
一、友達と仲良くします
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃
タイトルとURLをコピーしました