【野党】国会閉会中どこにもいない、政治資金収支報告書には変な記載がある-虎ノ門で青山議員が発言

https://youtu.be/ProNIdQz9zM?t=1423

【DHC】12/24(月) 青山繁晴×居島一平【虎ノ門ニュース】

取り上げたニュースは、「政府 中国を名指し批判 対日サイバー攻撃で」。

この中で、サイバー攻撃に絡めて、国会で憲法について議論しなければいけない。ところが憲法審査会が開かれない。立憲民主党のせいで。

という脈絡の中で、いつものように話が逸れて以下のような発言になりました。

該当箇所は、26分20秒くらいから。

 

発言概要。

国会閉会後、野党議員は誰一人国会に居ない。影も形もない。

事務所に電話しても誰も出ない。

良く言っても、地元で選挙活動。

自民党は国会閉会中でも部会を開く。

これが報道されない。

 

政治資金収支報告書が出ている。

(青山議員が自分のスマホを見ながら)トレーニング費用、音響機器、電子レンジ、ユニフォームとか。

議員名を挙げて

白真勲議員 音響機器

浜口誠議員 ユニフォーム代

これらが全然報道されない。

ということで。

これまでも、わかっていたこととは言え、改めてこの話を聴いて唖然。

そういえば民主党政権時代には、キャミソール大臣とかいう人がいました。(荒井聡議員

さすがにキャミ大臣の場合は、閣僚であったので叩かれていましたが。

キャミソール、少女コミック、おもちゃ、パチンコ効果音CD…。荒井聡国家戦略相(64)の後援会の領収書からは、ある種の生活感あふれる購入品が次々に見つかった。当初は、政治活動に充てたと胸を張ったが、矛盾を指摘されると、説明はコロコロ変わって…。

事務所費で「キャミソール」の不思議  荒井大臣の説明二転三転

 

青山議員も放送の中で、オールドメディアは中国と野党の味方なのか、という事を言っておられました。

子供の教育に良くない、と。

————————

肝心のサイバー攻撃について青山議員は、憲法改正しなくてもサイバー攻撃の反撃はできるとの見解をお持ちのようです。

まぁ、個別自衛権なので「反撃」は出来るという事なのでしょう。

ただ、「その他の戦力」の中に「サイバー部隊」が含まれるというのであれば、「自衛隊は憲法違反」という憲法学者の見解との兼ね合いはどうなるのかな、とは思います。

この辺は、憲法審査会でなくて通常の委員会でも議論できそうなので、やって頂きたいところです。

国内政治
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃