<入管法改正案>調査データに集計ミス-野党の手法は相変わらず

国内政治

臨時国会、会期延長へ 入管法審議が大幅遅れ

政府・与党は12月10日までの今国会の会期を延長する調整に入った。外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案を巡って、失踪した技能実習生の調査結果に誤りが見つかったことが影響した。

個人的にはこの法案、

・健康保険制度に穴があること
・日本人労働者の給料が上がらなくなる事
・国内の治安悪化

などなど。この辺りの懸念が払しょくできない限りは賛成できるものではありません。

ですが、野党はこの辺の議論よりも、安易な審議拒否を選択してしまう。これもまた問題です。

結局、野党のやりかたというのは相変わらずで、建設的な審議よりもこのように国会を混乱させる手法ばかり。

 

何故このように委員長の解任決議案を出したかというと、これは昨日流れた報道ですが、審議のもとになるデータに誤りがあったということ。

失踪実習生調査結果に誤りと公表

法務省は16日、失踪した技能実習生の調査結果に誤りがあったと与野党に明らかにした。「より高い賃金を求めて」との失踪動機が約87%としていたが、修正の結果「低賃金」が約67%を占めたとした。野党は一斉に反発。

確かに、議論のもとになる調査結果が間違っているのは問題です。

ですが、「より高い賃金を求めて」とか「低賃金」って、技能実習生が失踪する理由としては本来おかしい筈。

「実習」で「賃金」の高い低いというのは、「実習」の目的が完全にずれている、ということ。

データの間違いよりも、ココを突っ込みどころにして欲しいところ。

でも結局野党は、揚げ足取りでしか反対できないのでしょう。制度の穴を埋めるような提案などは全くなし。

日程を遅らせ、政権にダメージを与える。結果として、憲法改正を阻止する。こういうことでしょう。

それにしても、前の国会でもそうでしたが、省庁から出てくるデータが間違っている、という事が多すぎます。

「働き方改革」の時もそうでした。

数字の誤記 データミスまた見つかる

—————————-

以前、青山繁晴参議院議員が、法務省が本音の部分では外国人労働者受入拡大には反対している、と言っていましたが、

日銀は「日中スワップ」反対、法務省は「外国人労働者拡大」反対-「虎ノ門」で青山議員の解説
【ゲスト:青山千春】10/22(月) 青山繁晴×居島一平【虎ノ門ニュース】 取り上げたニュースは、「日中通貨交換協定 再開へ」。 この中で青山繁晴参議院議員が発言しています。 該当箇所は、31分40秒くらいから。 発言概要 ...

まさか、わざと最初に違ったデータを出しておいて、審議入り直前になって「間違ってました」と公表した、なんてことは…無いとは思いますが…。

国内政治
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃
タイトルとURLをコピーしました