政府、給与支払いに電子マネー解禁へ-外国人労働者受入拡大のため?

通貨

政府、給与支払いに電子マネー解禁へ

政府の国家戦略特区諮問会議は17日、現行法で認められていない電子マネーによる給与支払いを解禁する方針を決めた。経済界などとの協議を経て制度設計を進め、来年度からの実施を目指す。改正出入国管理法施行をにらみ、銀行口座の開設が難しい外国人労働者の利便性を高め、受け入れ基盤を整備するのが狙い。

企業は専用のプリペイドカードやスマートフォンの決済アプリなどに給与を入金できるようになる。

目的は、外国人労働者のためと記事にはありますが、まずは銀行口座開設の方の対策が先なのではないかと思います。

最近やたらと取り上げられているように、どうしてもキャッシュレス化を進めたいのでしょうか。

あれもこれも欧米が進んでいるとは思いません。日本で現金が使われているのは、日本銀行券の偽造が少なく、円の信用が高いからだと言われています。

中国辺りでは、銀行のATMから偽札が出てくるとか。

日本は先進国で唯一じゃないか? 「偽札がまったく流通していない国」=中国

中国で長く暮らしたことのある人ならば、滞在中に一度は「偽札」を掴まされた経験があることだろう。中国では偽札が非常に多く流通しており、銀行の自動預払機(ATM)からお金をおろしたところ、偽札が混じっていたという事件も過去に起きているほどだ。

こういった日本の良いところは残していっても良いのではないかと思います。

外国人労働者受入拡大のために、日本の良さが消えて行ってしまうような事にはしないで欲しいところ。

財布を落としても、かなりの確率で戻ってくる。

昔は、鍵を開けっぱなしでも泥棒に入られることは少なかった。

ここら辺を壊してまで、外国人労働者を受け入れなければ成り立たないとは思っていません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電子マネー

私は、大きな現金を持ち歩くのが嫌なので電子マネーは結構使っています。

先払い系のsuicaとか、後払いのやつとか。レジでの支払いが早く終わるし、ポイントも貯まるので。

ただ、現状では各社がそれぞれ別々に発行していて、規格も統一されていません。

今のままではあまり良いことはないような気がするし、現金に替えたい時はどうするのでしょう?

現金があって銀行口座あっての、クレジットや電子マネーだと思うのですが。

企業は専用のプリペイドカードやスマートフォンの決済アプリ

とありますが、企業ごとに別々にカードを発行するのでしょうか。日本全国、全店で使えるようになるのでしょうか。

 

因みに、賃金支払いの5原則

労働基準法24条(賃金の支払)で

賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。

とあります。

電子マネーを通貨として認めるという事になるのでしょうか。

国内政治
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃