朝日と産経の世論調査結果 レーダー照射、「元徴用工」

世論調査

朝日新聞、産経新聞両社の世論調査結果が発表されました。質問は、安倍政権について、北方領土、日韓関係などなど。

今回は、レーダー照射、「元徴用工」といった日韓関係について注目してみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

両社世論調査

朝日新聞

世論調査―質問と回答〈1月19、20日実施〉

◆日韓関係についてうかがいます。元徴用工の問題や、自衛隊機へのレーダー照射をめぐる問題など最近の日本と韓国の関係を見て、安倍政権の韓国に対する姿勢を評価しますか。評価しませんか。

 評価する  38

 評価しない 48

産経新聞

【産経・FNN合同世論調査】レーダー照射での韓国反応「納得できない」90%

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制用レーダーを照射した問題では、当時の映像を公表した日本側の対応について85・0%が「支持する」と答え、「支持しない」の8・8%を大きく上回った。「海自機が威嚇的な低空飛行をした」として謝罪を求めている韓国側の対応には、90・8%が「納得できない」とした。

 韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工訴訟では、1965年の日韓請求権協定で請求権問題は完全かつ最終的に解決済みとする日本側の立場について、84・5%が「支持する」と答えた。日本企業の資産差し押さえに「日本政府は相応の対抗措置を取るべきだと思う」とする回答も76・8%に上った。

 

このように、全く違う結果になっています。朝日新聞では、半分近い人が今回の安倍政権の対応を評価していません。

しかし、産経新聞では80%以上の人が安倍政権の対応について支持しています。

なぜこんなに違う結果が出ているのでしょう?

おそらく、質問の仕方によるのではないかと思います。

まず、朝日新聞の方は、レーダー照射、「元徴用工」をひとくくりにして質問しています。

それから安倍政権の対応として、「韓国に対する姿勢」という、とても抽象的な訊き方をしていますね。

これで、評価するかしないかと聞かれた場合、例えば「評価しない」、という中には、「生ぬるい」「制裁をするべき」と考えている人と、「冷静に」「話し合うべき」と考えている人がいるような気がします。

一方、産経新聞の方は、レーダー照射、「元徴用工」を分けて質問しています。

安倍政権の対応としても、レーダー照射では「当時の映像を公表した日本側の対応」、そして「元徴用工」では、「日韓請求権協定で請求権問題は完全かつ最終的に解決済みとする日本側の立場」という具体的な内容について訊いていますね。

加えて産経は、レーダー照射では韓国側の対応についても訊いており、「元徴用工」では、資産差し押さえに対する対抗措置についても訊いています。

 

「元徴用工」の中身も違います。

朝日新聞は、「元徴用工の問題」としています。産経は、「いわゆる徴用工訴訟」としています。

産経の方は、「いわゆる」が付けられていて、「訴訟」という具体事案を指しています。朝日は「問題」というざっくりした表現になっています。

どちらの新聞の調査が、信頼できるでしょうか。

両方の新聞を読んでいる人なら良いのですが、どちらか片方、とりわけ朝日新聞だけを読んでいる人は、真の国民世論が見えなくなってしまう可能性があるのではないでしょうか。

 

普段は優しい日本国民も、今回の韓国のやり方には納得がいっていないようです。

今回の韓国側のやり方を見て、これまで起こった日韓問題についてもこういうやり方をしていたのではないと、目覚めるきっかけになって欲しいです。日本国民も国際社会も。

「慰安婦」「竹島」「旭日旗」「靖国」「日帝36年」などなど。

—————————–

それにしても、この手の世論調査で「90%以上」という結果が出るのは珍しいのではないかと思います。

「海自機が威嚇的な低空飛行をした」として謝罪を求めている韓国側の対応には、90・8%が「納得できない」とした。

———————————-

*今回私は「元徴用工」と「」を付けました。

私的:悪魔の辞典

【元徴用工】
マスコミ用語。「募集、官斡旋、徴用」すべてひっくるめた呼称。
本来、1939年の「国民徴用令」(朝鮮では1944年9月から)で集められた人達の事を言う。

保守的時事漫録-私的:悪魔の辞典
「悪魔の辞典」は、最近では池上彰版が、ご自身のテレビ番組の中で発表されています。 今回の投稿と、これらを並べてしまうのはおこがましいですが、一つくらいは共感して頂ける物があるかもしれません。 「悪魔の辞典」: 1911年に発表され...
国内の出来事
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃
タイトルとURLをコピーしました