パラオの航空会社、中国路線停止へ-海洋国パラオ、台湾

国際情勢

こちらの記事とは、ちょっと違うようですが、中国の「一つの中国」原則が影響している事に変わりはないみたいです。

「一つの中国」強要、航空会社にまで
今度は、航空会社ですか。 相変わらずこんなことを続けているのですね、中国は。独善的ですね。「中国台湾」って何なんでしょうね。 他にも、記事にあるように外資系企業にも台湾を「国家」扱いしたと言っては、謝罪を強要しているようです。 蔡...

 

パラオの航空会社、中国路線停止へ 台湾問題での圧力影響

台湾と外交関係のある太平洋の島国、パラオの航空会社が、中国との間で唯一運航していた香港路線を停止することが18日、分かった。

レメンゲサウ大統領は、台湾と中国を二重承認する意向を示し、「誰が友人で誰が友人でないかを選ぶつもりはない」と述べている。

パラオは、現在台湾と外交関係のある数少ない国です。台湾側としては、このパラオ大統領の発言は心強いでしょうね。

最近、アメリカが台湾シフトしてきているので、日本もこれを利用して追随しても良いのでは。

 

パラオと言えば

パラオと言えば、親日国と言われています。そして友好の橋。

 

日本パラオ友好橋

 

日本・パラオ友好の橋

パラオ政府が財政的な理由から自国の資金による建設を断念したため、1997年に日本の無償援助による橋の再建を決定し鹿島建設によって再建された。

この新しい橋のたもとの記念碑には、日本・パラオ友好の橋 (Japan-Palau Friendship Bridge) と刻まれ、友好の象徴として両国の国旗が描かれている。

 

パラオ友好

 

日本は、お人よしだと言われる所以ですが、それでも「パラオ共和国」のように、末永く友好関係が続いていくのであれば、これはこれで納得いくのですけれどね。

上の記事で

「誰が友人で誰が友人でないかを選ぶつもりはない」

と発言したレメンゲサウ大統領は、多くの参加者の前で

「日本に対しては数年にわたる非常に寛容な資金援助に深甚なる謝意を表したい。日本の援助は、パラオの経済発展に必要な大半の基幹整備に貢献してくれた」

と感謝の言葉を述べてくれています。

日本、パラオ、台湾、だけではありませんが、海洋国がまとまれるようになれば安全保障上も良いのですけれど。

国際情勢
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃
タイトルとURLをコピーしました