入管法違反容疑11人逮捕中国人、知内で就労-北海道内外国人就労

国内ニュース

入管法違反容疑11人逮捕 中国人、知内で就労 ほかに46人行方不明

渡島管内木古内町で不法に滞在したなどとして、木古内署は2日までに、入管難民法違反(不法残留)や同法違反(旅券不携帯)の疑いで、王春月(ワンチュンユエ)容疑者(62)ら中国人の男女11人を現行犯逮捕した。

王容疑者らは同管内知内町の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設現場で働いており、ほかに46人が行方不明になっている。

木古内

この逮捕された11人、「観光目的で入国した」などと話しているようです。

これはこれでどういうことなのでしょう。「観光目的」で入国して、働いている?

他にも46人が行方不明になっているのだとか。この人たちは、太陽光パネルの中国製の土台を修理する、ということで、千葉県の企業から派遣されたようです。

「観光目的」で入国した人が、労働者として派遣される?とはどういった状況なのか良く分かりません。

工事を請け負っている建設業者にしろ、派遣した千葉の企業にしろ、不法者を見分けるのが難しいのか、それともわかっていて使っているのか。

おそらくこういった状況は、地方も含め日本全国で行われているのではないでしょうか。

 

↓の記事では、ブローカーの存在も伺わせています。

発覚後、もぬけの殻 行方不明46人の住居

「もぬけの殻だった。(不法滞在が)ばれたと思ったのか、ブローカーに逃げるよう指示されたのか…」と首をかしげる。

一軒家の近くに住む男性(68)は「悪いことをしているようには見えなかった。冬なのに薄手の上着しか着てなくてかわいそうだなと思った」

近所の女性(71)は「日本語は話せなかったが、ごみの分別方法などを教えた。トラブルはなく、いい人そうだった」

この記事内で周辺住民に取材をしていて、その証言が載っています。

とても日本的で人が良さそうですが、警戒心のようなものは感じられません。

日本、特に地方は大体こんな感じなのでしょう。

実際にトラブルにならなければ、警戒心も生まれないのかもしれません。

 

*北海道では、実習生の失踪も相次いでいるようです。

昨年の道内外国人実習生失踪88人 低賃金、長時間労働で

道内の事業所から2017年に失踪した外国人技能実習生が過去最多の88人に上ったことが30日、札幌入国管理局への取材で分かった。

北海道に限らず、実習生にしろ、留学生にしろ、観光客にしろ、就労目的の人は入国に制限を設けるべきなのでは?

国内の出来事
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃