「虎ノ門ニュース」で上念司氏が、民主党時代の統幕情報参謀だった伊藤俊幸氏から聞いた話を暴露

【DHC】10/12(金) 上念司×大高未貴×居島一平【虎ノ門ニュース】

https://youtu.be/Q3otPrqc97I?t=3710

取り上げたニュースは、「参院選へ野党候補一本化を”立民””国民””連合”が覚書」。

この中で上念氏が暴露しました。

該当箇所は、1時間00分30秒くらいから。

 

以下、上念氏の発言の概要。

元海上自衛隊で、当時の統幕の情報参謀だった伊藤俊幸氏から聞いた話。

伊藤氏本人の許可は得ている。

民主党政権時代の周辺事態法と平和安全法制は基本的にアウトプットが同じ。組み立てが違ってはいるが。

周辺事態法の時、民主党時代にレクしていたのが、当時統幕だった伊藤俊幸氏。

そのレクの場には、枝野・玉木・蓮舫氏もいて説明した。

民主党時代しがらみがないので結構進んだ。彼らは結構勉強していた。彼らは納得していた。

 

平和安保法制の最後の公聴会の時、伊藤氏は枝野氏と控室で会った。

「伊藤さんごめんなさい、立場上反対しなければいけない」と言われた。

伊藤氏は怒ってた。

概要はこんな感じでしょうか。

 

これが本当だとすると、ちょっと待てと。

「立場上の反対」とは、誰の「立場」での反対だったのでしょう。国会議員は国民の代表であるので、当然「国民の立場」での反対でないといけないと思います。

でも、あの反対の仕方を見ていると、「自分たちの立場」?「支持者の立場」?そんな感じがしてしまいます。

もちろん、民主党時代の周辺事態法と平和安保法制では違うのでしょうけれど、「アウトプットが同じ」であって彼らも良く分かっているのなら、協議してその溝を埋める努力をして頂きたかったと思います。

その方が、安全保障政策について本質的な議論ができたのではないかと思います。

印象だと、どうしてもプラカード掲げて、国会前でデモ隊と一緒になって、「反対、反対」「戦争法案だ」と。そんな感じでした。

これは彼らにとってもマイナスな筈です。「支持者の立場」しか見ていないのなら、その一定数の支持しか得られないのではないかと思います。

実際、政党支持率はそんな感じになってますが…。

国内政治
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃