川崎で再びヘイトめぐる対立 市民困惑「みっともない」

国内ニュース
 
 
在日コリアンが多く住む川崎市内で続くヘイトスピーチ(憎悪表現)をめぐる対立で、JR川崎駅東口で7日午後、街宣活動が行われ、現場は2時間以上にわたり騒然とした。
 
 3月の川崎市のヘイトスピーチ事前規制をめぐるガイドライン施行を受け、市内はヘイトスピーチに反対する勢力と、「表現の自由」を訴える団体の主張がぶつかる“主戦場”となっている。

川崎駅前に設置された仮設のステージには外国人参政権の反対や、生活保護の支給停止を訴える団体が登壇。用意したプラカードやのぼりなどには、「日本人差別をしないでください」「日の丸が好きで何が悪い」「演説妨害は民主主義の敵だ」などの文言が書かれていた。

 一方、対立する集団は「この街を差別で汚すな」「川崎を汚すな」「のさばるなレイシスト(差別主義者)」などと書かれたプラカードを掲げた。

 現場では、スピーカーを通して口汚い単語や罵声が響き、中指を突き立てる行為などが散見された。

 
公的施設でのヘイトスピーチを事前規制する全国初のガイドラインの運用がスタートしていました。
 
集会が認められていた、ということは、事前規制には引っかからなかったのという事なので、集会そのものは問題ない筈。
 
問題は、そこで「ヘイトスピーチ」がなされたのかどうか。
 
「外国人参政権」「外国人への生活保護」これらは政策論なので、「ヘイト」には当たらない筈です。
 
ここら辺の線引きが難しいのです。
 
ヘイト関連条例は、大阪市、東京都で既に成立していますが、川崎市でも制定に向けては積極的に動いているようです。
 
 
————————
 
↓以下、10/5に投稿したもの。
まとめサイト、ヘイト初認定へ=大阪市

大阪市のヘイトスピーチ審査会は5日、市の対処条例に基づき、インターネット掲示板への書き込みを編集した「まとめサイト」2件が在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチ(憎悪表現)に当たると答申した。

近く市が正式に認定し、プロバイダーに削除要請する。市によるとまとめサイトをヘイトスピーチと認定するのは初めて。

 サイトは市内の在日韓国・朝鮮人の団体に関する報道記事を引用する形で、誹謗(ひぼう)中傷などの表現を不特定多数の人が閲覧できる状態にしていた。うち1件は閲覧者にコメントを書き込むようあおっており、憎悪表現を増幅させていると判断された。

 市は2016年の条例施行以降、ネット上の動画4件をヘイトスピーチと認定している。 

ヘイトスピーチを閲覧できるようにしていたら、「ヘイトスピーチ」?

ということは、「○○団体が、△△団体に対して、□□▽▲というヘイトスピーチを行った」という事件があって、それを「不特定多数が閲覧できる」ように「報道」したらそれも「ヘイトスピーチ」?

それとも、「誹謗(ひぼう)中傷などの表現」を「不特定多数が閲覧できる」ように「報道」するのはOKだけど、「誹謗(ひぼう)中傷などの表現」を「不特定多数が閲覧できる」ように「引用」するのはNG??

良くわからない…。

 

*関連ニュース

ツイッター、ヘイト対策を強化 集団への攻撃も禁止に

国会より議員の意識改革を=自民・西田参院国対委員長代行-国会改革インタビュー

ヘイトスピーチ規制条例が成立=LGBT差別禁止も-東京都

国内の出来事
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃