猛暑、大都市真っ赤-観測衛星「しきさい」の地表面温度

国内ニュース

何枚か写真があるのですが、これを見ると、本当に都市部(東京、大阪、名古屋)で高温になっているのが判ります。

ヒートアイランド現象なのでしょうね。皇居の周りがぽつんと黄色なのは緑のおかげなのではないでしょうか。

 

猛暑、衛星で“撮影” 大都市は真っ赤に 「しきさい」がとらえた地表面温度

東京や名古屋、大阪などの大都市では非常に温度が高く、熊谷や京都では50度以上の高温になっている様子が分かる。

一方で、森林域ではあまり温度が上がらず、都市部でも大きな公園や緑地は周囲より少し温度が低いことも見てとれる。

写真1

写真2

 

日本だけでなく、世界中の温度分布を見てみたい気がします。特に、アメリカと中国ですね。

中国は、急激な経済発展でどういうことになっているのか見てみたいです。

地球温暖化の原因も、本当にCO2だけなのかどうなのか。

 

最近の日本の「危険な暑さ」も 偏西風の影響 が言われています。

これに中国などのアジア圏の経済発展が影響しているとすると、どういう事になるのでしょう。

マスコミは、トランプ大統領の「パリ協定」についての批判ばかりではなく、中国の環境対策についての言及があっても良いのではないでしょうか。

 

世界が暑い

 

宇宙技術の平和利用

「しきさい」は———–(略)————–近紫外~熱赤外まで幅広い波長を観測でき、熱赤外の波長帯を観測することで、地表面の熱の状態を知ることができる。

 

日本は、本当の意味での宇宙の平和利用を行っています。こういったことには、予算手当をしても誰も文句は言わないと思います。

はやぶさ2号」の事もありますし。

文句を言うのは一部の人たちだけなのではないかと思います。

 

何やら米中ロで宇宙戦争がはじまりそうな気配ですが

小惑星衝突に備えよ!-SFか現実か
小惑星衝突に備えよ!=核爆弾使用も選択肢-米計画 米政府はこのほど、地球に衝突する恐れがある小惑星や彗星(すいせい)など地球近傍天体(NEO)への対応方針をまとめた戦略行動計画を公表した。 計画は「衝突するNEOが極...

 

 

国内の出来事
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃
タイトルとURLをコピーしました