ハリウッド版『ゴジラ2』監督が新証言 ― 東宝版に忠実に描く

Godzilla: King of the Monsters – Official Trailer 1

映像では海底を探索する芹沢猪四郎博士の姿や、海底で背びれを発光させるゴジラのシルエット、氷漬けのようになっているキングギドラ、海面から巨大な羽根を広げるモスラ、火山の頂上に座するラドンなどが次々に登場。そしてキングギドラは目覚め、都市部の上空をラドンが飛翔し、戦闘機を引き連れるかのようにして現れたゴジラが咆哮する……。

ハリウッド版『ゴジラ2』米国版予告編公開! ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ登場、さらなるサプライズも?

ハリウッド版『ゴジラ2』。公開は2019年5月31日米国予定。原題は『Godzilla: King of the Monsters』。

今度は、モスラ、ラドン、キングギドラも出てくるということのようです。

予告編を見る限り、モスラとキングギドラについては、かなり壮大なものになっていそう。

監督のマイケル・ドハティは

日本の怪獣映画が描いてきた怪獣たちに忠実に、作品の持つ道徳性や、モスラを女神として描くことを重要視した

ハリウッド版『ゴジラ2』監督が新証言 ― 怪獣は「モンスターではなく神々」、東宝版に忠実に描く

と語っているということです。

 

—————————–

ゴジラと言えば、子供の頃に2,3の作品を劇場で見た記憶があります。親と近所の同い年の子と。「ゴジラ対メカゴジラ」とかだったでしょうか。「キングギドラ」が出ているやつも見たような気がします。

ハリウッド版や『シン・ゴジラ』は、DVDをレンタルして家で見ました。ハリウッド版にしろ『シン・ゴジラ』にしろ、子供の頃に見たゴジラとはまるっきり違う訳ですね。

特に、1998年のハリウッド版はなーんかグロテスクで、ユーモラスな部分がまるでなかったのです。兎に角怖いだけ。

映画そのものは、まぁ、普通のSF作品としてみればなかなかおもしろかったと思いますけれど。

 

 

『シン・ゴジラ』も、グロテスクではなかったものの、ユーモラスなところは感じなかったですね。

(寧ろ、日本の政治体制の方がグロテスク(笑)。何しろ自衛隊が災害派遣ですもの。)

子供の頃見たゴジラは、ユーモラスで、愛嬌があって、チャーミングなところもあったのです。

「怪獣総進撃」なんかでは、アニメ『おそ松くん』の真似をして、「シェー」などとやっていたのです。(ハリウッド版ゴジラが、「シェー」しているところを見てみたい・・かな?)

 

 

最近は、ウルトラマンも仮面ライダーも「親子で」というのが、一般的になってきています。

ゴジラはもっと歴史が長いので、「じじばばと孫でゴジラ」という光景が劇場で見られるようになるのでしょうかね。

 

アニメ版ゴジラがあったとは知りませんでした。今度見てみようかな。

エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃
タイトルとURLをコピーしました