「cocoon」でカテゴリ毎に違うスキンを適用する

blog

「cocoon」には、豊富なスキンが同梱されています。

せっかく幾つもあるのだから、欲張って1つのサイトで複数のスキンを適用してみようと思いました。

今回は、カテゴリ毎に、和色ベースの「Fuwari和色」シリーズ4色「海老茶(えびちゃ)、海松茶(みるちゃ)、褐色(かちいろ)、御召茶(おめしちゃ)」を適用してみようと思います。(そのカテゴリに属する個別記事にも適用されます。)

*スキンも子テーマを使用しています。

*function.phpファイルを編集しますので、念のためバックアップしておきます。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スキンファイルのコピー

後々編集することもあるかもしれないので、子テーマを使用することにしました。

スキンのファイルは、親テーマの「skins」フォルダ内にあります。

この中から必要なスキンを、ftpソフトなどで子テーマの「skins」フォルダに丸ごとコピーします。

スキン2

 

子テーマの方にコピーすると、管理画面「Cocoon設定」の「スキン」タブの一覧に以下のように追加されます。

スキン1

 

カスタマイズが必要であれば、通常のカスタマイズと同様に、「外観」→「テーマの編集」から編集できます。

スキン1

 

これまで使用していたstyle.cssのバックアップ

スキンを適用すると、そのスキンとこれまで自分でカスタマイズしたものが混在して表示されてしまうことがあります。これを回避します。

今まで自分でカスタマイズしていたstyle.cssがある場合はバックアップしておきます。

例えば、適当な名前のフォルダを作り、その中に該当の.cssファイルを入れます。このフォルダを子テーマの「skins」フォルダに移動させます。

こうすると、自分でカスタマイズしていたstyle.cssがスキンの様に使えます。

*前項目の図では、「ore」とかいうフォルダ名を勝手に付けました。この中にこれまで自分がカスタマイズした.cssファイルが入っています。
 

コード

このコードを書くと、管理画面「Cocoon設定」の「スキン」タブのラジオボタンが利かなくなります。

カテゴリ毎にスキンを適用するために、以下のコードをfunction.phpに追記します。

ここでは、一例として

カテゴリID1,2 …海老茶
カテゴリID3  …海松茶
カテゴリID4,5 …御召茶
それ以外    …褐色

と指定してみます。

function get_skin_url() {
if( in_category( array( 1,2 ) ) ) {
return 'http://test.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins/skin-fuwari-ebicha/style.css';
} elseif( in_category( array( 3 ) ) ) {
return 'http://test.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins/skin-fuwari-mirucha/style.css';
} elseif( in_category( array( 4,5 ) ) ) {
return 'http://test.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins/skin-fuwari-omeshicha/style.css';
}else {
return 'http://test.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/skins/skin-fuwari-kachiiro/style.css';
}
}

 

「in_category」はカテゴリ指定で、数字はカテゴリIDです。

ここを「is_single」にすると、個別記事毎に違うスキンを適用できるかと思います。

URLはスキンの.cssファイルまでの絶対パスです。お使いの環境によって変わってきます。

→ 実行結果

 

*今回はスキンも子テーマを利用しましたが、親テーマのままでスキンを複数使用する場合は、コードはシンプルになり、管理画面「Cocoon設定」「スキン」タブのラジオボタンも利きます。

*親テーマの場合、下記フォーラムご参照
cocoonフォーラム#post-4832スキンの切換えについて

 

wordpressの管理画面から、function.phpなどの.phpファイルを編集した場合、うまく動作しない時があります。

その際は、ftpソフトなどでいったん該当ファイルをローカルに保存して、そこで編集を行います。

編集した.phpを、ftpソフトなどで再度アップロードする事で正常動作する場合があります。

.phpを編集する際は、サクラエディタ が、エラーが少ないのではないかと思います。

上のエディタで保存する場合は、文字コード「UTF-8」、BOM「チェック無し」がエラーが少ないのでは無いかと思います。

sakuraediter

タイトルとURLをコピーしました