2018年を振り返って-安倍政権、米中朝…韓

日本を取り巻く情勢

このブログを始めたのが今年5月から。

時事ネタを中心に、音楽やブログ運営について投稿してきました。

今回は、このブログで投稿した時事ネタを横に置きつつ、2018年を振り返ってみたいと思います。

国内と国際情勢に分けて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内

国内では、外国人受入れ関連、関西生コン関連へのアクセスが多かったように思います。

関西生コン

先ずは後者の関西生コン関連から。

大手マスコミが全く報道しないので、ネットの情報に頼らざるを得なかったのではないでしょうか。

労働組合を名乗りながら、組合に加盟していない企業にまで圧力をかけるようなことをしていました。逮捕者も数十人出しています。

反社会的勢力とのつながりや野党系政治家とのつながりも取りざたされています。

こんな重大なニュースを大手マスコミが全く報道しない。報道しない自由が謳歌されていますね。

特に名前が挙がっている国会議員は説明する義務があるのではないかと思います。

何本か投稿したものを1本にまとめたのがこれ。

関西生コン支部8人逮捕へ-これまでの投稿を一纏めに
関西生コン支部8人逮捕へ 威力業務妨害容疑 滋賀県警 滋賀県大津市内の大手住宅メーカーの施工現場で、現場責任者らに因縁をつけて工事を妨害したとして、滋賀県警が27日にも威力業務妨害の疑いで、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン...

 

入管法改正

続いて前者の、外国人労働者受入の問題。

これについては、これまで安倍政権を支持してきた人たちも不支持に回ってしまうような衝撃でした。

日本の伝統的価値観への影響、治安の悪化、日本人労働者の給料押し下げなどなど。

人手不足という理由だけで推進してしまうには、あまりにも代償が大きいのではないかと思っています。

やっぱり、財布を落としても、交番に届けられて戻ってくるような国であって欲しいのです。

労働者だけではありません。観光客、留学生もです。

受入体制が不十分な中での観光客増加。

大学を存続させるためだけの留学生受け入れ。

就労目的で設立されたような日本語専門学校。

などなど。

スパイ防止法すらなく、相互主義にも則っていない、それこそ「ムダな税金」が使われることになるのではないでしょうか。

その中でも一番アクセスが多かったのがこれ。

暴力団員ら8人逮捕 専門職のベトナム人3人に単純労働させた疑い-札幌
専門職のベトナム人3人に単純労働させた疑い 暴力団員ら8人逮捕 札幌 専門職の在留資格で入国したベトナム人の男3人に資格外の単純労働をさせたとして、北海道警は3日、札幌市中央区南5西11、暴力団員、清水徳行容疑者(49)ら8人を入...

今でもちょろちょろとアクセスが続いています。札幌でのニュースという事もあるのかもしれません。

テレビでは余り報道されなかったような気がしています。そういうこともあったのでしょうか。

 

他には、観光客関連では、民泊の問題。

民泊した中国人、家主は酷い使用状況を晒す-民泊施設に大量のゴミや落書き
民泊した中国人、家主は酷い使用状況を晒す 中国では異例の批判 観光で日本を旅行した3人グループの中国人女子大生が9月上旬、5泊6日で利用した大阪府内の民泊施設に大量のゴミや落書きを残すなど、散らかし放題、汚し放題で帰国したことに中...

就労目的の専門学校のニュースがこれ。

専門学校35校、全員外国人…文科省実態調査へ
専門学校35校、全員外国人…文科省実態調査へ 学校教育法に基づく認可を受けた全国の専門学校のうち、外国人学生の割合が9割以上の学校が少なくとも72校に上ることが、読売新聞の調査でわかった。このうち35校は全員が外国人だった。専門学...

 

安倍政権

他にも、保守派からみて安倍政権を支持したくなくなるような政策はありました。

水道民営化、種子法改正、外交では対中融和(通貨スワップとか)

で、こんな安倍政権ですが、支持するのかしないのか。

基本的に、ワンイシューで支持するとかしないとか、投票するとかしないとか決めてはいません。

トータルで見ています。

こんな安倍政権でも消去法で支持せざるを得ません。他はさらに酷いのです。どうしようもありません。

 

一部の保守派の人達から、山本太郎議員の採決(牛歩の後)の時の言動を支持するような声が出ています。

山本太郎氏、入管法成立に「恥を知れ」与党ののしる

だから何?

その結果、少しでも国民が感じているような懸念が払しょくされるような修正なりなんなりが実現したのでしょうか。

どんなに素晴らしい言動であっても、結果が一緒ならただ単にそれだけです。

むしろ、水面下で修正のために動いてくれた、青山繁晴議員のような人を支持したいと思います。

日銀は「日中スワップ」反対、法務省は「外国人労働者拡大」反対-「虎ノ門」で青山議員の解説
【ゲスト:青山千春】10/22(月) 青山繁晴×居島一平【虎ノ門ニュース】 取り上げたニュースは、「日中通貨交換協定 再開へ」。 この中で青山繁晴参議院議員が発言しています。 該当箇所は、31分40秒くらいから。 発言概要 ...

 

実は、入管法の審議が衆議院が通過した後、地元の参議院議員(来年改選)に入管法について質問のメールをさせて頂きました。

この人は、自民党の厚生労働部会にいる人で、国会でも厚生労働委員のなんとか理事?です。

残念ながら答えは帰ってきませんでした。

すべてのメールへのお返事は出来ない可能性がある、という注釈はありましたが、残念です。

国会でお忙しかったのかもしれません。もう一度質問内容を再考して、メールをお送りするかもしれません。

その他、オウム事件死刑執行、沖縄県知事選、自民党総裁選、などがありました。

 

国際情勢

実は、国際情勢関連については、余りアクセスは多くありませんでした。
私の脳みそと見識の弱さから来ているのかもしれませんね。

その中でも、米朝首脳会談、米中覇権争い、韓国ネタがありました。この辺はいろいろと絡み合っていそうでなかなかひとつには絞れません。

米中覇権争いでは、産業スパイの関連、チベットウイグル人権問題が報道されていて、ブログでも多く触れました。

特にウイグル関連は、これまであまり報道されて来なかったので注目していました。

以下は、ウイグル関連をひとつにまとめたもの。

ウイグル収容施設の実態-カザフスタン国籍男性が講演
「反抗すれば24時間立ち続け」ウイグル収容施設の実態 中国新疆ウイグル自治区で少数民族の住民らが「再教育施設」に収容されているとされる問題で、施設で拘束されていたというカザフスタン国籍の男性が23日、東京都内で講演し、「地獄のよう...

 

他は、アメリカの中間選挙、台湾やドイツの地方選があり、これまでの政治的な勢力図が変わるような結果になっています。アジアもEU圏も動いています。

これは、2つのドイツ地方選

独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗-連邦議会での連立は?
独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗、メルケル首相に痛手 28日の独ヘッセン州議会選挙でメルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)と、国政での連立与党・社会民主党(SPD)が共に大敗した。 今年3月に心ならずも政権に...

 

米中の覇権争いと反グローリズム。

そして憲法9条が残っている日本。

主体的な外交は難しいです。

早期に憲法9条を改正するか、米側へ旗色を鮮明にするか。

 

実は国際関連で一番アクセスが多かったのはこれ

韓国、剣道世界大会決勝で「日本判定」主張-剣道における「一本」とは?
韓国、剣道世界大会決勝で「日本判定」主張 長年の「起源」論争が輪をかけ反発 「日本のための剣道ではない」(中央日報)、「韓日いずれにとってもマイナス」(ハンギョレ)――こうした見出しが、韓国紙を相次いで飾っている。 試合は最終戦...

カテゴリとしては、国際情勢ではなくエンタメスポーツの方に入れていたからかもしれません。

他にも、年末にかけて韓国ネタが大量に報道されていました。

観艦式、徴用工、レーダー照射などなど。とにかく多すぎて、何を書けば良いのかわからなくなってしまいました。

もう韓国に関しては、呆れる事ばかりで思考停止になってしまいそうです。

今の政権は完全に向こうに行ってしまっているので、日本としては、あちらの国だと思って付き合って行くしかないような気がしています。

——————————-

それでは良いお年を。

国内の出来事
スポンサーリンク
記事がお気に召したら
押してくださいね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

フォローする

 

気になる書籍
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史

発売日: 2018年12月28日
著者/編集: 百田尚樹, 有本香
出版社: 日本工業新聞社
発行形態: 単行本

45万部突破!
脅威のベストセラーは私たちの反乱だ!

「日本人の歴史」を取り戻す戦いをすべて語る

日本国紀

発売日: 2018年11月12日
著者/編集: 百田 尚樹
出版社: 幻冬舎
発行形態: 単行本
ISBNコード: 9784344033856

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!

「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

発売日: 2018年11月06日
著者/編集: 藤井聡
出版社: 晶文社
発行形態: 単行本
ページ数: 196p
ISBNコード: 9784794970633

消費増税は凍結できる! 代替財源はある!
内閣官房参与が描く日本再生のシナリオ

面垂に一撃
タイトルとURLをコピーしました